印刷範囲を可変にするには(その2)

0
    JUGEMテーマ:PC関連

    印刷範囲を条件によって変化させたい場合、[Print_Area]という名前を利用します。
    (Print_Areaという名前がない場合は、一度、適当な範囲を範囲選択し、[ページレイアウト]→[印刷範囲]→[印刷範囲の設定]を選びます)

    例えばA1のセルの値が1の時は、A2:E100、それ以外の時はF2:J100を印刷範囲にしたいとします。

    Excel2007,Excel2010,Excel2013の場合:[数式]→[名前の管理]→[Print_Area]を選び、参照範囲の数式を以下の様に書き換え、閉じます。

    参照範囲数式:
    =IF($A$1=1,$A$2:$E$100,$F$2:$J$100)

    ※要するにA1の内容によって参照する範囲をIF文で変化させる数式を入れればいいのです。

    広告リンク


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    スポンサードリンク

    広告リンク

    広告リンク

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 互換性チェックのメッセージが表示される
      salomon speedcross
    • 列記号の上、行番号の横に+や-の記号が表示されるようになった
      stussy clothing
    • 「2017年 窓の杜大賞」候補としてノミネート
      levis jeans
    • 数値を小数点位置で揃えるには(その1)
      Levis
    • 入力後矢印キーで修正すると入力モードが解除される
      stussy sweatshirt
    • 2016年間総合ダウンロードランキング100位以内
      lebron shoes
    • 他のブックからコピーして貼り付けると塗りつぶしの色が変わる
      salomon shoes
    • 画面上は色が付いているのにカラーで印刷できない
      nike air max 90
    • プレビューウィンドウを表示していると不具合が発生する
      pandora jewelry
    • ユーザー定義関数のコメントを表示する
      yeezy boost 350

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    recommend

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    本日 昨日